日本プラントメンテナンス協会(JIPM)とBSIグループジャパン(英国規格協会)がTPMに関するPAS規格(公開仕様書)策定プロジェクトを開始~日本のTPMを、世界のスタンダードへ~

プレスリリース発表元企業:BSIグループジャパン株式会社
調印式

BSIグループジャパン株式会社(神奈川県横浜市、代表取締役社長:根本 英雄、以下 BSIジャパン)は、公益社団法人日本プラントメンテナンス協会(東京都千代田区、会長:土屋 総二郎、以下 JIPM)からの依頼に基づき、TPM(Total Productive Maintenance「総合的生産保全」)に関するPAS規格策定の契約を締結いたしました。高度な設備や技術が実用化されている今日であっても、故障や不良の低減による効率化や安定生産が全てのモノづくり産業に共通する課題です。これらの課題解決支援産業界の発展に貢献すべく、世界初の国際規格の策定を目指します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/203974/LL_img_203974_1.jpg
調印式

■TPMとは?
TPM(Total Productive Maintenance「総合的生産保全」)とは、日本プラントメンテナンス協会によって1971年に提唱されました。
TPMは、「生産システム効率化の極限追求(総合的効率化)をする企業体質づくりを目標にして生産システムのライフサイクル全体を対象とした“災害ゼロ・不良ゼロ・故障ゼロ”などあらゆるロスを未然防止する仕組みを現場現物で構築し、生産部門をはじめ、開発・営業・管理などのあらゆる部門にわたってトップから第一線従業員にいたるまで全員が参加し、重複小集団活動により、ロス・ゼロを達成すること」、と定義されています。自動車産業の品質マネジメントシステムIATF16949:2016の8.5.1.5でもTPM(Total Productive Maintenance)が要求事項として明記されており、自動車業界からも注目を集めています。
※ TPMの商標、ロゴマークは、日本およびその他の国における日本プラントメンテナンス協会の登録商標または商標です。


■公益社団法人日本プラントメンテナンス協会
日本プラントメンテナンス協会は、1961年に社団法人日本能率協会内に設置された「設備管理部会」を改組した「日本プラントエンジニア協会」を母体とし、1981年、通商産業大臣(現・経済産業大臣)の設立許可により「社団法人日本プラントメンテナンス協会」(Japan Institute of Plant Maintenance 略称JIPM)として発足。以降35年以上にわたり、1971年に提唱したTPMをはじめ、モノづくりにとって基盤となる生産性や設備管理技術、保全技術・技能の向上に関する課題解決、産業界における生産活動・保全活動の促進および品質の安定・向上に寄与する活動を推進・支援。
2012年に、公益法人としてよりいっそう産業界の発展に寄与する活動を行うべく、新公益法人制度における内閣総理大臣の認定を得て、「公益社団法人日本プラントメンテナンス協会」へ移行、2014年に厚生労働大臣の認定を得て「機械保全技能検定」試験の指定試験機関として活動をしています。国内外の企業・工場に対してTPM賞の審査表彰を行っています。
参照URL: https://www.jipm.or.jp/


■PAS規格(Publicly Available Specification)とは?
日本語に訳すと「公開仕様書」となり、「一般に公開されて誰でも使用できる規格」であることを意味します。
開発期間は約1年程度と国家規格や国際規格に比べて短期間で策定することができますが、BSI/ISOのドラフティング・ルールに従い、幅広い利害関係者・有識者を交えたコンセンサス形成を行う厳しいプロセスにより開発されるため、国際的に認知度および効力のある規格となります。


■BSI(英国規格協会)とBSIグループジャパン株式会社
BSI(British Standards Institution:英国規格協会)は、1901年の設立以来、世界初の国家規格協会として、また、ISOの設立メンバーとして活動する規格策定のプロフェッショナルです。現在、193カ国で84,000組織以上のお客様の活動に貢献しています。BSIが開発した多くのBS規格(英国国家規格)は、ISO 9001(品質マネジメントシステム)、ISO 14001(環境マネジメントシステム)、ISO/IEC 27001(情報セキュリティマネジメントシステム)などISO規格の原案として採用されており、その実績は世界随一を誇ります。
BSIグループジャパンは、1999年に設立されたBSIの日本法人です。マネジメントシステム・医療機器の認証サービスとトレーニングコースの提供をメインとし、規格開発のサポートを含め規格に関する幅広いサービスを提供しています。マネジメントシステムの認証サービスに関しては、国内に約60社ある認証機関の中で、最も多くの規格の認証サービスを提供している認証機関の一つであり、数多くの規格の認証件数において国内No.1の実績を誇る、業界をリードする認証機関です。
参照URL: http://www.bsigroup.com/ja-JP/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • 第59回ルマン24時間耐久レース優勝車 マツダ787B(画像: マツダ許諾済み)
  • 重力レンズ効果を受ける前のクエーサー「MG J0414+0534」の本来の姿 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), K. T. Inoue et al.
  • 太陽と地球と月。
  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース