暗闇でいちごいちえ!栃木が誇るいちご3種を暗闇で食べ比べ!大田原市といちごについて、楽しみながら学べる2時間をお届け!

プレスリリース発表元企業:栃木県大田原市
イベントバナー

大田原市産のいちご

栃木県大田原市は、若者のUIJターンと移住を促進するためのプロジェクトの一つとして、大田原市と、大田原市で生産されているいちごを紹介するイベント『暗闇でいちごいちえ!いちご3種を食べ比べ presented by 栃木県大田原市』を、2020年2月14日(金)に東京都渋谷区のBOOK LAB TOKYOにて開催いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/203865/img_203865_1.png


今回のイベントは、日本一のいちご生産地である栃木県が誇るいちごのうち、栃木県大田原市で栽培されている、3種類のいちごを暗闇で食べ比べするイベントです。

通常より感覚が研ぎ澄まされると言われる暗闇状態で食べ比べることで、品種ごとのいちごのおいしさと特徴を味わっていただきながら、栃木県大田原市でいちごを生産する農家のお2人から品種ごとの特徴もご紹介します。また、日本で唯一のいちご専門研究機関“栃木県いちご研究所”から植木一博さん、そして大田原市役所から伊藤良之さんをお呼びし、栃木におけるいちご生産や大田原市についてもご紹介いたします。

イベント内で食べ比べるいちごは、日本で最もポピュラーで、甘さと酸味のバランスがよく、濃厚な味わいの「とちおとめ」。2014年に新たに開発した、大きさが特長の「スカイベリー」。そして、2019年冬に初めて出荷が始まったレア品種、白いちご「ミルキーベリー」の3種類です。大田原市といちごについて、楽しみながら学べる2時間です。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/203865/img_203865_2.jpg

<イベント概要>
開催日 :2020年2月14日(金)時 間:18:30 開場、19:00開始 21:00終了
参加費:1000円(1ドリンク込)
定 員:30名 ※要申込
主 催:大田原市×A&I合同会社(運営協力:HITOMINA・ひとしずく)
場 所:BOOK LAB TOKYO(東京都渋谷区道玄坂 2-10-7 新大宗ビル1号館 2F)
申込方法:こちらからお申し込みください https://otawara-ichigo.peatix.com/

<登壇者>
大田原市 いちご農家(スカイベリー、ミルキーベリー)森瑞己さん
大田原市 いちご農家(とちおとめ) 森武寛さん
栃木県いちご研究所 研究統括監 植木一博さん
大田原市役所 伊藤良之さん

<こんな方におススメ>
・いちご好きな方
・地域の食に関心のある方
・地域の取り組みに関心のある方
・大田原市に関心のある方
・地域への移住に関心のある方

<一般の方からのお問い合わせ先>
栃木県大田原市役所 政策推進課(受付時間/平日8:30~17:15)
担当:印南、伊藤 TEL:0287-23-8793
E-mail:seisakusuishin@city.ohtawara.tochigi.jp



詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク