UEI、本格的なアプリが手軽につくれるiOSプログラミングアプリ『MOONBlock DX(ムーンブロック・デラックス)』を11月10日から配信開始!

プレスリリース発表元企業:株式会社ユビキタスエンターテインメント
MOONBlock DX 1

MOONBlock DX 2

MOONBlock DX 3

 株式会社ユビキタスエンターテインメント(以下:UEI、ヨミ:ユーイーアイ、本社:東京都文京区、代表取締役社長 兼 CEO:清水 亮)は、直感的にブロックを組み合わせるだけで、誰でも簡単に、カメラやチャットなど、本格的なアプリを手軽につくることができるiOSプログラミングアプリ、『MOONBlock DX(ムーンブロック・デラックス)』を、App Storeにおいて11月10日より配信します。

 また、この『MOONBlock DX』の配信を記念して、親子で参加いただくプログラミング体験イベント「親子で遊ぼう!プログラミング」を以下の日程で開催します。


【アプリ概要】
タイトル :MOONBlock DX
対応機種 :iOS
ジャンル :プログラミング
配信開始 :2015年11月10日
価格   :840円(税込)
Copyright:2015 Ubiquitous Entertainment Inc. All Rights Reserved.


【イベント概要】
日時  : 12月23日(祝)13:00より
場所  : UEI セミナールーム(ACROPOLIS)
定員  : 20組 ※お子様1名と親御様との組み合わせを
          1組とさせていただきます
費用  : 3,500円(税込 ※iTunes Card1,500円分含む)
参加方法: 以下のページをご確認の上、エントリーフローに準じて
      お申し込み願います。
      http://peatix.com/event/127632


【MOONBlock DXの主な機能】
■ビジュアル言語による高速かつ手軽なプログラミング
 『MOONBlock DX』のプログラムはブロックを直感的に並べるだけでプログラムをつくることができます。

■本格的なドット絵エディタを搭載
 スポイト、トレース、Undoなど、ドット絵作成に必要な機能を備えたエディタを搭載。作ったドット絵はプログラム上ですぐに動かすことができます。また作ったドット絵の共有もできます。

■iOSのカメラ機能や録音機能を利用可能
 カメラやマイクなどiOSの機能を使ったプログラミングにも対応。一度使った写真や録音はライブラリーに保存され、簡単に再利用することができます。

■ネットワークとの連携機能も充実
 他のスマートフォンやPC/Macと通信させたり、TwitterやGoogleと連携したブロックもサポート。アイディア次第で様々なアプリを開発可能です。

■システム要件
 iOS 8.0以降


【開発背景】
 UEIでは、「プログラミング」の間口を広げ、その社会的な需要に応える施策の1つとして、キーボードに慣れない人でも手軽に取り組めるビジュアルプログラミング言語「MOONBlock」を2012年に開発し、Webサービスとして展開。以来、国内外各地の小学校、中学校、高等学校での授業内活用をはじめ、6歳から60歳までの幅広い年齢層における各種ワークショップにおいて高い評価をいただいております。

 また、この「MOONBlock」をアレンジした、小学館「月刊コロコロコミック」の公式ホームページから利用できる「コロコロゲーム工作(クラフト)ブロック」は、コロコロコミックの人気キャラクターのグラフィックを使って自分だけのゲーム制作が可能なホビーコンテンツとして好評です。

 『MOONBlock DX』は、「MOONBlock」をベースにiOS固有の機能を活用したアプリをつくることができるよう強化された全く新しいプログラミングアプリです。内蔵のドット絵エディタを使用してつくった自分だけのキャラクターをゲームに登場させたり、チャット、ボイスレコーダー、カメラアプリ、Twitter投稿やディープラーニングによる画像認識など、iOSの機能と連携した実用的なアプリまで、さまざまな機能をもったブロックを組み合わせていくだけで、自由自在に簡単につくることができるコンテンツとしてこのたびApp Storeにリリースします。


【株式会社ユビキタスエンターテインメントについて】
 株式会社ユビキタスエンターテインメントは、常に新時代のライフスタイルを提案することをモットーに、iPhone、iPadなどのスマート端末はもちろん、モバイル、PC全般の技術をベースとした“暮らし提案型企業”です。経済産業省が管轄するIPA(独立行政法人情報処理推進機構)の未踏ソフトウェア創造事業で採択された高度な技術を基盤として、それらを幅広く応用したライフスタイルサービスを常に提案しています。iモード黎明期の「iアバター」からスマートフォン対応のソーシャルゲーム「決戦!戦国VS三国志」まで、常に最先端のモバイルサイトやモバイル用ゲームの開発・運用に実績があります。

 また、みずほ銀行のスマートフォン向けARアプリケーション「ATM・店舗検索」の開発、二つ折りAndroid端末用の世界初の文房具アプリ「Zeptopad FOLIO」、HTML5環境向けゲーム開発エンジン「enchant.js」、enchant.jsをベースとした独自開発のハードウェア「enchantMOON」など、独自の視点でユニークな製品開発を続けています。

URL: http://www.uei.co.jp


※「Android」および「Androidロゴ」は、Google Inc.の商標または登録商標です。
※「iPhone」「iPod」「iPod touch」「iOS」「App Store」はApple Inc.の登録商標です。
※その他一般の製品名などはすべて各社の商標または登録商標です。
※小学館月刊コロコロコミック公式サイト http://www.corocoro.tv/
※コロコロゲーム工作(クラフト)ブロック http://www.corocoro.tv/corocoro_block/index.html

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「Galaxy S10+ Olympic Games Edition」(画像: サムスン電子ジャパンの発表資料より)
  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース