1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > エンタメ
  4.  > 映画
  5.  > 是枝裕和(1)

是枝裕和のニュース一覧

是枝裕和監督の『万引き家族』が、1月13日に行われた第44回ロサンゼルス映画批評家協会賞授賞式で、日本映画としては黒澤明監督の『乱』以来33年ぶりに外国語映画賞に輝いた。写真:『万引き家族』でLA映画批評家協会賞外国語映画賞した是枝監督(左)とイ・チャンドン監督(右)

是枝裕和監督の『万引き家族』が、1月13日に行われた第44回ロサンゼルス映画批評家協会賞授賞式で、日本映画としては黒澤明監督の『乱』以来33年ぶりに外国語映画賞に輝いた。 01/14 22:24

第76回ゴールデン・グローブ賞が1月6日(現地時間)に発表され、大ヒット中の『ボヘミアン・ラプソディ』がドラマ部門作品賞、主演男優賞の2部門を受賞した。写真:『ボヘミアン・ラプソディ』 (C)2018 Twentieth Century Fox

第76回ゴールデン・グローブ賞が1月6日(現地時間)に発表され、大ヒット中の『ボヘミアン・ラプソディ』がドラマ部門作品賞、主演男優賞の2部門を受賞した。 01/08 22:02

【映画を聴く】1月の注目作

2018年は音楽映画&音楽が印象的に使われた映画がとても充実した年になったが、2019年1月の公開作を見ると、その“余熱”はまだまだ続いているようだ。写真:『サスペリア』 (C)2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC All Rights Reserved

【映画を聴く】1月の注目作 2018年は音楽映画&音楽が印象的に使われた映画がとても充実した年になったが、2019年1月の公開作を見ると、その“余熱”はまだまだ続いているようだ。 01/02 10:18

(…前編「クイーンとフレディをファンタジーに押し上げるための“史実との相違”」より続く)

【映画を聴く】2018年の総まとめ/後編
もっと評価されるべき名作『アリー/スター誕生』

『ボヘミアン・ラプソディ』人気が続いている影響もあってか、前評判も上々だった『アリー/スター誕生』が日本ではいまひとつ盛り上がっていないが、こちらも音楽映画のもうひとつの大本命として上映されているうちに劇場で見ておきたい一本だ。写真:『タリーと私の秘密の時間』 (C)2017 TULLY PRODUCTIONS.LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

(…前編「クイーンとフレディをファンタジーに押し上げるための“史実との相違”」より続く)【映画を聴く】2018年の総まとめ/後編 もっと評価されるべき名作『アリー/スター誕生』 01/01 17:56

12月6日(現地時間)、第76回ゴールデン・グローブ賞のノミネーションが発表され、是枝裕和監督の『万引き家族』が外国語映画賞、細田守監督の『未来のミライ』がアニメーション作品賞にノミネートされた。写真:最高賞パルムドールを受賞した『万引き家族』是枝裕和監督、ゴールデングローブ賞受賞にも期待高まる

12月6日(現地時間)、第76回ゴールデン・グローブ賞のノミネーションが発表され、是枝裕和監督の『万引き家族』が外国語映画賞、細田守監督の『未来のミライ』がアニメーション作品賞にノミネートされた。 12/07 22:59

第10回TAMA映画賞の授賞式が11月17日、東京・パルテノン多摩で行なわれ、松岡茉優、松坂桃李、吉沢亮、伊藤沙莉ら、今をときめく注目俳優たちが出席した。写真:松岡茉優

第10回TAMA映画賞の授賞式が11月17日、東京・パルテノン多摩で行なわれ、松岡茉優、松坂桃李、吉沢亮、伊藤沙莉ら、今をときめく注目俳優たちが出席した。 11/19 11:54

第10回TAMA映画賞の授賞式が11月17日、東京・パルテノン多摩で行なわれ、特別賞を受賞した『モリのいる場所』の山崎努、沖田修一監督が登壇。写真:山崎努

第10回TAMA映画賞の授賞式が11月17日、東京・パルテノン多摩で行なわれ、特別賞を受賞した『モリのいる場所』の山崎努、沖田修一監督が登壇。 11/19 11:53

【映画を聴く】『モダンライフ・イズ・ラビッシュ〜』前編

『モダンライフ・イズ・ラビッシュ〜ロンドンの泣き虫ギタリスト〜』は、プロのミュージシャンを目指す夢見がちな男と、彼との共同生活を支えるためにレコード・ジャケットのデザイナーになりたいという自分の夢を捨てて広告会社で働く女が別れの時を迎え、互いのレコード・コレクションを仕分けするシーンから始まる。写真:『モダンライフ・イズ・ラビッシュ 〜ロンドンの泣き虫ギタリスト〜』 (C)Modern  Life  Pictures  Limited  2016

【映画を聴く】『モダンライフ・イズ・ラビッシュ〜』前編 『モダンライフ・イズ・ラビッシュ〜ロンドンの泣き虫ギタリスト〜』は、プロのミュージシャンを目指す夢見がちな男と、彼との共同生活を支えるためにレコード・ジャケットのデザイナーになりたいという自分の夢を捨てて広告会社で働く女が別れの時を迎え、互いのレコード・コレクションを仕分けするシーンから始まる。 11/08 22:52

史上初の快挙となる直木賞と本屋大賞のW受賞を果たした恩田陸原作小説『蜜蜂と遠雷』が、松岡茉優主演で映画化。 10/25 13:06

『万引き家族』の是枝裕和監督が、第66回サン・セバスチャン国際映画祭より<ドノスティア賞>を贈られ、日本時間9月24日に行われた授賞式に登壇した。写真:是枝裕和監督

『万引き家族』の是枝裕和監督が、第66回サン・セバスチャン国際映画祭より<ドノスティア賞>を贈られ、日本時間9月24日に行われた授賞式に登壇した。 09/24 18:11

今年のカンヌ国際映画祭でパルムドール大賞に輝き、日本でも大ヒット中の『万引き家族』が、8月3日に中国全土約6000スクリーンで封切られ、週末興行成績で4860万元(約7.8億円/1元16円換算)を記録し、第4位という好スタートを切ったことがわかった。写真:『万引き家族』 (C) 2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.

今年のカンヌ国際映画祭でパルムドール大賞に輝き、日本でも大ヒット中の『万引き家族』が、8月3日に中国全土約6000スクリーンで封切られ、週末興行成績で4860万元(約7.8億円/1元16円換算)を記録し、第4位という好スタートを切ったことがわかった。 08/07 23:06

映画監督・是枝裕和15作目となる長編映画『La Vérité(仏題・仮)』の製作が決定。 07/19 10:15

第71回カンヌ国際映画祭でパルムドール大賞に輝き、7月14日までに観客動員305万1817人、興行収入37億2599万2500億円を記録するなど大ヒット中の是枝裕和監督作『万引き家族』。写真:写真上、左からカトリーヌ・ドヌーヴ、ジュリエット・ビノシュ、イーサン・ホーク、リュディヴィーヌ・サニエ。写真下、是枝裕和監督

第71回カンヌ国際映画祭でパルムドール大賞に輝き、7月14日までに観客動員305万1817人、興行収入37億2599万2500億円を記録するなど大ヒット中の是枝裕和監督作『万引き家族』。 07/16 09:31

(…前編「坂本龍一が韓国映画で構築した新たな音世界とは?」より続く)

【映画を聴く】『天命の城』後編
どの作品よりもコントラストが強いのが特徴

今回の『天命の城』のサウンドトラックは、近年の坂本龍一が手がけた中ではもっとも“映画音楽らしい映画音楽”と言っていいかもしれない。写真:『天命の城』 (C)2017 CJ E&M CORPORATION, SIREN PICTURES ALL RIGHTS RESERVED

(…前編「坂本龍一が韓国映画で構築した新たな音世界とは?」より続く) 【映画を聴く】『天命の城』後編 どの作品よりもコントラストが強いのが特徴 06/30 23:53

 1 2  次へ進む

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_news

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告