1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > ライフ
  4.  > 健康
  5.  > C型肝炎(1)

C型肝炎のニュース一覧

図1 KC マウスに発生した肝細胞癌。KC マウスでは 1年で小さな肝細胞癌が発生するが、 KC/TFF1KO マウスでは肝細胞癌は 6カ月で発生し、1年で巨大に発育した。(矢印:肝細胞癌) (画像: 名古屋大学の発表資料より)

肝細胞癌は、肝臓に発生する悪性腫瘍であり、完治するには外科的切除による治療が必要だ。 12/02 19:28

(c) 123rf

「命の値段」。そんな4文字がメディアに登場した契機は、小野薬品工業が創ったいわゆるバイオ医薬品の「オプジーノ」(遺伝子組み換え製剤)だった。 05/14 09:27

肝性脳症。(画像:日本医療研究開発機構発表資料より)

先に説明しておくが、腸内フローラというのは、ヒトの腸内の細菌の群生のことである。 05/06 11:36

厚生労働省は「平成28年度 医療費の動向」を公表した。これは医療費の動向を把握することを目的とされており、医療機関の診断報酬の請求を基に作成されたものである。現在の診療報酬の負担額等、医療費の実態を見てみよう。

厚生労働省は「平成28年度(2016年度)医療費の動向」を公表した。 09/25 08:31

近年、非B非C肝がんの頻度が増加している。欧米ではアルコールの過剰摂取によるアルコール性脂肪性肝炎(ASH)が主なものだが、これに加えてメタボリックシンドロームとも深く関連する非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の増加が目立っている。

近年、非B非C肝がんの頻度が増加している。 08/20 19:57

画像はイメージです。

7日の日本経済新聞は万能細胞「iPS細胞」を使って、血液成分の血小板を量産する技術を世界で初めて確立したことを伝えている。 08/07 17:42

富士経済は、臨床検査市場を構成する検査分野うち、病気の原因となる細菌を検出する細菌検査、ウイルスや細菌などのDNAなどを検出する遺伝子検査、採取した臓器や組織、細胞などを顕微鏡下で診断する病理検査の国内市場を調査した。 07/04 08:22

C型肝炎の治療薬「ハーボニー配合錠」の偽造品が発見されたことを受け、厚生労働省は、医薬品の適切な流通を確保するための注意喚起を日本薬剤師会、日本チェーンドラッグストア協会などに対して行なった。また、都道府県による監視指導の体制も強化される

C型肝炎の治療薬「ハーボニー配合錠」の偽造品が発見されたことを受け、厚生労働省は、医薬品の適切な流通を確保するための注意喚起を行なった。 02/26 21:12

C型肝炎に対して、かつてはペグインターフェロンとリバビリンの併用療法という限られた治療法しかなかったが、現在では開発が進み10種類を超える薬剤が利用可能となってきている。 02/12 21:39

広告

写真で見るニュース

  • 718 ボクスター GTS 4.0(画像: ポルシェの発表資料より)
  • 新型名阪特急「ひのとり」。(画像: KNT-CTホールディングスの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 画像はイメージです。
  • 動画「THE FIRST LONG DRIVE ~#きっかけは三世代免許~」。(画像: NEXCO東日本の発表資料より)
  • ジョビー・アビエーションによるeVTOL。(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告