1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業・産業
  4.  > 自動車・二輪車・部品
  5.  > ダイハツ工業(1)

ダイハツ工業のニュース一覧

ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)

最近の軽四輪自動車は、コンパクトカーを必要としないほど出来が良い。 08/19 18:58

新型ホンダ・N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)

クルマの「予防安全」と言えば、現代では運転支援システム、スキッドコントロールなどの事故を起こさないための装置を指すようだ。 08/14 11:20

(c) 123rf

巨人の長嶋終身名誉監督が新人デビューした1958年(昭和33年)、「スバル360」は学卒初任給が1万3,467円の時代に、スタンダードが36万5,000円、デラックスは39万円で登場した。 08/05 11:05

ミラ トコット G“リミテッド SA III” 2WD。ボディカラーはファイアークォーツレッドメタリック。画像のものはディーラーオプションのガーニッシュパック(メッキ調)が施されている。(画像:ダイハツ工業発表資料より)

ダイハツ工業は、軽自動車「ミラ トコット」「ムーヴ」「キャスト」にそれぞれお買い得価格の特別仕様車を設定、7月29日に発売した。 07/30 11:23

シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)

7月16日、スバルは軽トールワゴン「シフォン」をフルモデルチェンジし、7月25日に発売すると発表した。 07/18 12:00

ミラクルウォークスルーパッケージのイメージ。(画像: ダイハツ工業の発表資料より)

こうした中で新型ダイハツ・タントは、商品力・資金効率の大幅な進化を見せている。 07/13 20:41

D-CVT(画像: ダイハツ工業の発表資料より)

新型タントで抜本的進歩をダイハツは狙っているのだが、しっかりした製品を造ることや生産方式の進歩を実現するため、親会社にあたるトヨタTNGAの方式を実施しようとしている。 07/13 17:43

DNGAの新プラットフォーム。(画像: ダイハツ工業の発表資料より)

新型ダイハツ・タントが、「ミラクルウォークスルーパッケージ」と称する使い勝手を最優先に考えた機能を携えてデビューした。 07/13 16:01

ダイハツタント(画像: ダイハツの発表資料より)

ダイハツは「タント/タントカスタム」をフルモデルチェンジし、7月9日から全国一斉に発売開始した。 07/10 07:11

ホンダ「S660 Modulo X」。(画像: 本田技研工業の発表資料より)

2019年上半期(1~6月)の軽四輪自動車販売数は101万8071台で、前年同期比1.8%増、3年連続のプラスを記録した(全国軽自動車協会連合会7月1日発表)。 07/03 07:24

ソフトバンクやトヨタ自動車などの出資で設立されたMONET Technologies(モネ・テクノロジーズ)に、新たに国内大手自動車メーカー5社(マツダ・スズキ・SUBARU・ダイハツ工業・いすゞ自動車)が出資を決めた。 06/28 18:57

トヨタが、2020年に日本市場向けに発売する2人乗りの超小型EV

トヨタは6月上旬に自動車電動化に向けた説明会を開催した。 06/16 22:09

第5回日本GPで、トヨタ7や日産R381、ポルシェカレラ10などと渡り合った「ダイハツP-5」、その排気量は1.3リッター、全長×全幅×全高3850×1650×990mm、重量510kgの小さなレーシングカーで「ハイパーコンパクト」と呼ばれた

神奈川県・横浜のパシフィコ横浜で5月22日、自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展 2019 横浜」が開幕し、ダイハツが異彩を放っていた。 05/27 09:46

決算発表で記者会見を行う豊田章男社長。(画像: トヨタ自動車の発表資料より)

トヨタ自動車は8日、2018年4月~2019年3月期の連結決算を発表した。 05/09 19:48

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

広告

写真で見るニュース

  • 蛇田店に配備されているせいきょう便(みやぎ生協発表資料より)
  • アストンマーティンから誕生する初SUVは、多くの自動車ファンの関心を集めそうだ(画像: アストンマーティン発表資料より)
  • スターバックスリザーブストア銀座マロニエ通りの外観イメージ。(画像:スターバックスコーヒージャパン発表資料より)
  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告