東ソー 急落、豪州炭価格の上昇を考慮して国内証券が投資判断格下げ

2022年5月23日 13:05

印刷

記事提供元:フィスコ

*13:05JST 東ソー---急落、豪州炭価格の上昇を考慮して国内証券が投資判断格下げ
東ソー<4042>は急落。野村證券は投資判断を「Buy」から「Neutral」に格下げ、目標株価も2130円から2030円に引き下げている。クロル・アルカリ事業の燃料である一般炭価格上昇が加速している一方、中国経済の鈍化で塩ビ樹脂やMDIへの価格転嫁は難しいと判断し、業績予想を下方修正している。23年3月期営業利益は前期比8.3%減の1321億円と予想。会社側では業績見通しを公表していない。《YN》

関連記事