レンジローバー ヴェラール、2023年モデルの受注開始

2022年4月18日 11:06

印刷

レンジローバーの「VELAR EDITION」(画像: ジャガー・ランドローバー・ジャパン発表資料より)

レンジローバーの「VELAR EDITION」(画像: ジャガー・ランドローバー・ジャパン発表資料より)[写真拡大]

 ジャガー・ランドローバー・ジャパンは15日、レンジローバーブランドで展開中のSUV「ヴェラール」2023年モデルの受注を開始した。

【こちらも】レンジローバー・イヴォークに特別仕様車 サステナブルがテーマ 150台限定

 レンジローバー ヴェラールは、2017年に発売。ジャガー・F-PACEやジャガー・XEなどと同じアーキテクチャで仕上がっている。レンジローバーらしいパワフルなフロントフェイスや、引き締まったリアなどが美しい見た目につながっている。

 2023年モデルでは、グレード別装備の小変更があった。パワートレインは従来どおり2種類。1つは2.0L直列4気筒であるINGENIUMディーゼル・エンジンにマイルドハイブリッドを合わせたタイプ。こちらの最高出力は204PS。もう一方はガソリンエンジンで、こちらも2.0L直列4気筒を使用。最高出力は250PSになる。

 2023年モデルでは、ラインアップに「VELAR EDITION」が復活。独自の美しさを誇るエクステリア・デザインを尊重したモデルだ。より現代的かつ洗練されたビジュアルに仕上げたという。

 VELAR EDITIONは黒をベースとした装備がポイント。既存グレードである「R-DYNAMIC SE P250」を基調としながら、黒いパーツをいたるところに設けた。グロスブラックフィニッシュの20インチ"スタイル7014"アロイホイールや、ブラックパックなどにより、大人っぽい魅力を感じられるだろう。

 価格はガソリンモデルが894万円~1,121万円、マイルドハイブリッドモデルが827万円~952万円(いずれも消費税込)。

関連キーワード

関連記事