米テキサス州、メタを提訴 顔認識で同意なく生体情報収集として

2022年2月18日 16:18

印刷

記事提供元:スラド

米テキサス州の司法当局は14日、メタ(旧Facebook)を州裁判所に提訴した。同社は2021年11月までの約10年間、ユーザーの同意のない状態で顔認証機能を使った個人情報の収集を行っており、収集した情報を商業利用していたことがテキサス州法に違反しているとしている(訴状[PDF]CNET時事ドットコムEngadgetThe Wall Street Journal)。

The Wall Street Journalによると、テキサス州側は数千億ドル規模の民事制裁金を求めているとしている。同社は以前にも米イリノイ州で顔認識データを州法に違反して収集した問題で訴えられており、2020年に5億5000万ドル(約750億円)の和解金を支払うことで同意している。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | 法廷 | Facebook | IT | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
Meta、EU 域でサービス提供できなくなる可能性を示唆 2022年02月08日
米国人の半数近くが Apple を個人情報を適切に扱う企業だと信じているが、Google や Amazon を信じる人の方が多いという調査結果 2021年12月24日
Facebookが写真の顔認証機能を廃止、10億人分の顔認識データも削除へ 2021年11月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード

関連記事