中国の出生率、2020年は建国以来最低を記録 2021年から人口減少か

2021年12月8日 17:43

印刷

記事提供元:スラド

中国の出生率が建国以来、最低を記録したと報じられている。昨年の出生率(人口1000人あたりの出生数)は8.5人。文化大革命終結後の1978年以降では、はじめて10人を割り込んだとしている。昨年生まれた子どもは1200万人で一昨年の1465万人から18%の急減であるという。中国では今年から人口が減少に転じるとの見方も出ている。1人の女性が生涯で産む子どもの数を記す合計特殊出生率は1.3。この水準は世界各国の出生率を大きく下回っているとされる(CNN東洋経済時事ドットコム)。 

スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 地球 | 統計 | 中国

 関連ストーリー:
少子化に悩む中国、一人っ子政策をさらに緩和し3人まで容認へ 2021年06月04日
世界の出生率が大幅に低下、21世紀末までに人口半減。原因は女性の権利向上 2020年07月20日
2100年に人口の伸びは止まる。2018年は65歳以上の年齢層が5歳未満の数を上回る 2019年06月22日
韓国で「独身税」が導入されるという話が出て物議を醸す 2014年11月13日
国連が世界人口予測を発表、2100年の予測値は「109億人」 2013年06月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード

関連記事