英ポンド週間見通し:伸び悩みか、英中央銀行による早期利上げ観測は後退

2021年11月27日 14:15

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:15JST 英ポンド週間見通し:伸び悩みか、英中央銀行による早期利上げ観測は後退
■新型コロナウイルスの新たな変異株出現でリスク回避のポンド売り

今週のポンド・円は下落。英中央銀行による早期利上げの可能性は高まっていないこと、新型コロナウイルスの新たな変異株出現でリスク回避的なポンド売り・円買いが急速に拡大した。原油先物の急落も嫌気され、ポンド・円は26日の欧米市場で一時150円台後半まで下落する場面があった。取引レンジ:150円73銭−154円22銭。

■伸び悩みか、英中央銀行による早期利上げ観測は後退

来週のポンド・円は伸び悩みか。新型コロナウイルスの新たな変異株出現で原油先物は急落し、目先的にリスク選好的なポンド買いは抑制される可能性が高い。世界経済の持続的な成長への期待は低下し、原油価格は下落したことや英中央銀行による早期利上げ観測は後退したことも、ポンド・円相場の反発を抑える一因となりそうだ。

○発表予定の英国の主要経済指標・注目イベント
・特になし

予想レンジ:149円00銭−153円00銭《FA》

関連記事