日産「e-シェアモビ」、ドコモの「dカーシェア」から利用可能に

2021年11月20日 16:24

印刷

「dカーシェア」アプリ内の検索イメージ。(画像: 日産自動車発表資料より)

「dカーシェア」アプリ内の検索イメージ。(画像: 日産自動車発表資料より)[写真拡大]

 日産自動車は18日、「NISSAN e-シェアモビ」とNTTドコモが展開する「dカーシェア」との提携を発表した。11月25日から「dカーシェア」を通して日産の電動化車両のカーシェアリングが可能になるという。

【こちらも】住友商事ら、法人向けEVカーシェアの実証実験 地域社会にも開放

 NISSAN e-シェアモビは、リーフをはじめとした日産のEV車両に特化したカーシェアリングサービスである。免許証やクレジットカードを登録するだけでサービスを受けられるのが特徴だ。オンラインで手続きができ、24時間いつでも利用可能。リーフやノート e-POWERなど、電動技術が自慢の日産車両が複数ラインアップされている。

 dカーシェアは、NTTドコモが提供するサービスのひとつ。カーシェアリングとレンタカーの2通りからなり、ユーザーは都合に合わせてサービス先を選べる。国内においては5社のカーシェア、8社のレンタカー事業者と提携。2021年11月時点では、全国8000カ所で車を借りたり他人と共有したりできる。会員登録費は無料だ。

 今回の提携により、dカーシェアの提携先にNISSAN e-シェアモビが加わる。ドコモのメニューからNISSAN e-シェアモビにアクセか可能となり、ドコモのユーザーにとってはメリットとなるだろう。EV車両を新車として買うにはお金がかかるが、借りたりシェアしたりするだけなら、お得な料金で手軽にできる。環境性能への優しさや、EVならではの静粛性を手軽に味わえるのもポイントだ。

関連キーワード

関連記事