マザーズ先物概況:反落、メルカリなどが重し、25日線手前で下げ止まる

2021年10月27日 16:09

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:09JST マザーズ先物概況:反落、メルカリなどが重し、25日線手前で下げ止まる
27日のマザーズ先物は前日比14.0pt安の1103.0ptとなった。なお、高値は1125.0pt、安値は1099.0pt、取引高は1933枚。本日のマザーズ先物は、米国市場は伸び悩み、ナイトセッションが下落した流れを引き継ぎ、反落でスタートした。現物株の寄り付き後は、メルカリ<4385>、フリー<4478>など時価総額上位の銘柄が下落となり相場を押し下げ、マザーズ先物は下げ幅を拡大し、一時は18.0pt安まで値を下げる軟調な値動きでの推移となった。しかし、大引け前に時価総額中位の日本電解<5759>、アイドマホールディングス<7373>などが強含みして相場を下支えし、マザーズ先物は若干下げ幅を縮小して取引を終了した。日足チャートでは、25日線手前で下げ止まりし、上昇トレンド継続の余地を残す形となった。《FA》

関連記事