後場の日経平均は204円安でスタート、ソフトバンクGやレーザーテックが安い

2021年10月25日 12:56

印刷

記事提供元:フィスコ


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;28599.97;-204.88TOPIX;2001.18;-1.05


[後場寄り付き概況]
 後場の日経平均は前営業日比204.88円安の28599.97円と前引け値(28520.35円)から下げ幅を縮めて取引を開始した。ランチバスケットは、差し引き10億円の買い越しとの観測。なお、ランチタイムの日経225先物は、今日の高値圏まで強含む動きに。前場の日経平均は、寄り付きから下げ幅を縮める場面もあったが、結局は朝方の水準まで押し戻される展開。後場の日経平均は、上海株や香港株がやや強含むなか、下げ幅を縮めてスタートしている。ただし、上値の重さを指摘する声は市場でも根強く、こう着感が再び強まりそうだ。

 売買代金上位では、ソフトバンクG<9984>、レーザーテック<6920>、ファーストリテ<9983>、東エレク<8035>、神戸物産<3038>などが売られている。一方、中外薬<4519>、川崎汽船<9107>、商船三井<9104>、日本製鉄<5401>などが上昇。業種別では、ゴム製品、情報通信、食料品などが下落率上位で推移する反面、鉄鋼、鉱業、海運が強い値動きに。《CS》

関連記事