豪ドル週間見通し:もみ合いか、経済成長減速の懸念残る

2021年10月23日 14:29

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:29JST 豪ドル週間見通し:もみ合いか、経済成長減速の懸念残る
■伸び悩み、中国債務問題に対する懸念残る

今週の豪ドル・円は伸び悩み。需給ひっ迫感による資源価格高が続いたほか、新型コロナウイルスワクチン接種の急進展により、感染拡大が収束に向かいつつある状況が好感され、豪ドル買いが一時活発となった。しかしながら、中国不動産業界における過剰債務体質が問題視されたことで、週後半はリスク回避的な豪ドル売り・円買いが優勢となった。取引レンジ:84円28銭-86円26銭。

■もみ合いか、経済成長減速の懸念残る

来週の豪ドル・円はもみ合いか。資源価格の先高観は豪ドルの下支えとなる。ただし、豪準備銀行(中央銀行)は「金融緩和の度合いを弱めれば、就業者数の減少や賃金の伸び鈍化にもつながる」、「入手可能なデータは7-9月期GDPの著しい減少を示す」と指摘しており、リスク選好的な豪ドル買い・円売りがただちに拡大する可能性は低いとみられる。

○発表予定の豪主要経済指標・注目イベント
・27日:7-9月期消費者物価指数(4-6月期:前年比+3.8%)
・29日:9月小売売上高(8月:前月比-1.7%)

予想レンジ:83円50銭-86円00銭《FA》

関連記事