カインズスーパーセンター前橋吉岡店、10月27日にリニューアルオープンへ

2021年10月22日 16:25

印刷

CAINZ PARK(カインズパーク)。(カインズ発表資料より)

CAINZ PARK(カインズパーク)。(カインズ発表資料より)[写真拡大]

 ホームセンター大手のカインズは、群馬県吉岡町大久保のカインズスーパーセンター前橋吉岡店を、10月27日にリニューアルオープンする。町道で隔てられていた本館とペット&ガーデン館をワンフロアにするのをはじめ、売り場のレイアウトを全面的に見直し、農業資材や園芸用品、ペット用品を強化する。

【こちらも】カインズ、デジタルサービス開発のオフショア拠点をインドに TCSと連携強化

 カインズスーパーセンター前橋吉岡店は、約6万1,000平方メートルの敷地(資材館を除く)に、カインズ、スーパーのベイシアなどグループ店舗に加え、専門店、飲食店、書店などが入ったオープン型商業施設。売り場面積はベイシア前橋吉岡店を除いて約1万1,600平方メートル。駐車場は約770台分を確保する。

 施設を隔てていた町道跡に下屋を新設するとともに、ペット&ガーデン館を改修し、グリーン・ガーデン売り場を「カインズパーク」と命名して拡大する。カインズ直営の「カフェブリッコ」を開設、テラス席で手作りマフィンやコーヒー、ほうじ茶ドリンクなどを提供する。

 来店客がDIYの構想段階から完成までの間、自由に使える新工房「DIYスクエア」も群馬県で初めて登場する。各種工具の貸し出しをするほか、初心者から参加が可能なワークショップを定期的に開催し、DIYを幅広く楽しめるようにする。

 ベイシアとカインズが共同発信する「クッキングファン」では、日々の暮らしを彩るアイデアを提案する。ベイシアの食材とカインズの調理器具を使ったワークショップで来店客にアイデアを体験してもらう。

 屋外には、インターネット経由で注文した商品を受け取れる「カインズピックアップ」を設置する。売り場を探す必要がなく、店舗の営業時間外でも商品を受け取ることができる。(記事:高田泰・記事一覧を見る

関連キーワード

関連記事