ディースクエアード 2022年春夏ウィメンズコレクション - フェミニンとロックの融合

2021年10月20日 16:23

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ディースクエアード(DSQUARED2)2022年春夏ウィメンズコレクションが発表された。

■夢見心地なムードに“ロック”のエッセンスを

 「FAIRYTALE GRUNGE」をテーマとする今シーズンは、ロマンティックなフェミニンスタイルにグランジエッセンスをちょっぴりプラス。“おとぎ話”のような夢見心地なムードと、エッジーで強気なロックテイストを融合させた。

■儚く幻想的なシアー素材

 全体を通して印象的なのは、チュールドレスやシフォンブラウス、レースのブラジャーなど透け感のある素材による軽さだ。繊細なシアードレスもその好例。素肌にヴェールのように纏うことで、儚く幻想的な雰囲気を演出している。

■花柄でロマンティックに

 ロマンティックなフラワーモチーフにも注目。ヴィンテージタペストリーを想起させる大ぶりなものから、より可憐な小花柄まで、様々な素材・大きさの花柄がコレクションを華やかに彩った。

■異素材使いでリズムを

 また、素材使いも非常に多彩。ディースクエアードのデニムをアップサイクルし繋ぎ合わせたパッチワークデニムパンツやビニールコーティングを施したドレス、マットな光沢を放つレザーなど、異なる質感の衣服がフレッシュなリズムをもたらしている。

■“グランジ”のアクセント

 フェミニンなルックの中でアクセントとなるのが、ロック調のエッセンス。たとえば、イエローのチュニックにはダメージデニムを想起させるスパンコールパンツをオン。他にも、ほつれたニットを思わせるストールやチェーンネックレスなど、コーディネートにグランジテイストのアイテムを組み込んだ。

■プラットフォームサンダルの重厚感

 衣服の軽やかさに反比例するかの如く、足元はほとんど全てを厚底のプラットフォームサンダルで統一。シンプルなブラックをはじめ、花柄やヒョウ柄パターンで登場した。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード

関連記事