マザーズ指数は大幅反発、ハイテク株高の追い風に新興株シフトも/マザーズ市況

2021年10月19日 16:51

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:51JST マザーズ指数は大幅反発、ハイテク株高の追い風に新興株シフトも
 本日のマザーズ市場では、他の株価指数と比べてもマザーズ指数の上昇が目立った。米長期金利の上昇が一服し、日米市場ともハイテク株優位の相場展開となったことで、新興株中心のマザーズ市場も追い風を受けた。また、日経平均が29000円台まで値を戻してきたことが意識されてか、インターネット証券等の売買状況には新興株への物色シフトも見られた。なお、マザーズ指数は大幅反発、終値では2%を超える上昇となり、1120pt台に位置する25日移動平均線や75日移動平均線を上回った。売買代金は概算で1562.25億円。騰落数は、値上がり245銘柄、値下がり124銘柄、変わらず20銘柄となった。
 個別では、メルカリ<4385>が6%超上昇したほか、JMDC<4483>やフリー<4478>といったその他時価総額上位も揃って堅調。売買代金上位では、好決算で前日ストップ高のアスタリスク<6522>やアイドマHD<7373>が大幅続伸し、リベロ<9245>も賑わいを見せた。また、インバウンド<7031>やグローバルW<3936>は買い気配のままストップ高比例配分。インバウンドはEPARKとの合弁事業開始が材料視された。一方、時価総額上位ではセーフィー<4375>が軟調で、ウェルスナビ<7342>は小幅に下げた。また、フロンティアI<7050>やココナラ<4176>が下落率上位に顔を出した。《HK》

関連記事