カナック、ランドクルーザー200用に9インチナビ取り付けキット発売

2021年9月28日 11:50

印刷

取り付けイメージ(画像: カナック企画の発表資料より)

取り付けイメージ(画像: カナック企画の発表資料より)[写真拡大]

  • 取り付けキット(画像: カナック企画の発表資料より)

 自動車のアフターパーツなどを販売するカナック企画は24日、納車に1年以上必要と言われる新型ランドクルーザー300ではなく、現行車種のランドクルーザー200用に9インチナビ用カーAVインストレーションセット「TBX-Y026」を発売した。価格は6万2,700円(税込)で全国のディーラーやオートバックスなどのカー用品店で取り扱われる。

【こちらも】ホンダ「N-ONE」に市販9インチナビが装着できるキット カナック企画が発売

■TBX-Y026概要

 TBX-Y026は、ランドクルーザー200(通称、ランクル200)用のキットアイテム。構成部品はパネル、左右ブラケット、10ピンと6ピンのコネクタ、5ピンの車速信号用コネクタ、アンテナ変換コードなど。昨今のナビゲーション市場は大型液晶の採用など、純正の枠にとらわれない大胆なプロダクトが多い。コンテンツの充実や使いやすさなどで、純正品よりも受け入れられている製品も少なくない。

 今回TBX-Y026により取り付け可能になるナビゲーションは、アルパイン、クラリオン、ケンウッド、パイオニア製の9インチナビとなる。ただし、パイオニア製9インチナビは専用の電源ケーブルAX-P16A、アルパインはKCE-X088またはKCE-GPH16が必要。

 トヨタ純正のT-CONNECT SDナビの装着可否については未調査であり、車両調査希望ユーザーを募集している。

■TBX-Y026適合情報

 カナック企画によると、TBX-Y026の適合情報は、ランクル200の平成27年8月から令和3年8月まで生産された年式、型式はURJ202W、オーディオレス車を含む200mmの窓口付車となる。(記事:キーパー・記事一覧を見る

関連キーワード

関連記事