日本CMK 急伸、中長期での収益性改善を期待し国内証券が格上げ

2021年9月17日 14:44

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:44JST 日本CMK---急伸、中長期での収益性改善を期待し国内証券が格上げ
日本CMK<6958>は急伸。岡三証券では投資判断を「中立」から「強気」に格上げ、目標株価も480円から510円に引き上げている。中長期的には、国内工場の効率化による収益性改善のほか、パワートレイン・走行安全系を中心に販売拡大が期待されると指摘。今後は第3四半期以降の業績改善を織り込む局面に入ると考えている。22年3月期営業利益は会社計画15億円に対して19億円、23年3月期は40億円までの拡大を予想。《YN》

関連記事