クリーク・アンド・リバー社所属のVRアーティスト「せきぐちあいみ」が「みなみそうま 未来えがき大使」に!

2021年8月29日 16:30

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

クリーク・アンド・リバー社(C&R社)<4763>(東1)に所属するVRアーティスト・せきぐちあいみが、南相馬市(福島県)の「みなみそうま 未来えがき大使」に就任することが決定した。任命式は8月30日(月)に南相馬市役所で行われ、その様子はFacebookアカウント「ロボ in 南相馬」でもライブ配信される予定。

クリーク・アンド・リバー社(C&R社)<4763>(東1)に所属するVRアーティスト・せきぐちあいみが、南相馬市(福島県)の「みなみそうま 未来えがき大使」に就任することが決定した。任命式は8月30日(月)に南相馬市役所で行われ、その様子はFacebookアカウント「ロボ in 南相馬」でもライブ配信される予定。[写真拡大]

■任命式はFacebook「ロボ in 南相馬」で生配信!!

 クリーク・アンド・リバー社(C&R社)<4763>(東1)に所属するVRアーティスト・せきぐちあいみが、南相馬市(福島県)の「みなみそうま 未来えがき大使」に就任することが決定した。任命式は8月30日(月)に南相馬市役所で行われ、その様子はFacebookアカウント「ロボ in 南相馬」でもライブ配信される予定。

 南相馬市は2017年に「南相馬ロボット振興ビジョン」を策定し、“ロボットのまち南相馬”を実現すべく、ロボット関連の人材育成や事業創出など、様々な取り組みを進めている。せきぐちあいみは、同市の「みなみそうま 未来えがき大使」に就任。インフルエンサーとして市内のロボットに関連する施策や状況等の情報発信、市内で開催するイベント出演などを通じたロボット技術やVR等の最先端技術の認知度向上等に協力していく。

【「みなみそうま 未来えがき大使」任命式 概要】 ・日時:8月30日(月)14:00~14:30 ・場所=南相馬市役所 北庁舎2階会議室2  ※当日、Facebookアカウント「ロボin南相馬」でライブ配信も行われる。 ・出席者=南相馬市長・門馬和夫氏、VRアーティスト・せきぐちあいみ氏(オンライン参加)

【せきぐちあいみ(VRアーティスト)】

 神奈川県相模原市生まれ。クリーク・アンド・リバー社所属。VRアーティストとして多種多様なアート作品を制作しながら、国内にとどまらず、海外(アメリカ、ドイツ、フランス、ロシア、UAE、タイ、マレーシア、シンガポールetc)でもVRパフォーマンスを披露して活動している。

 2017年、VRアート普及のため、世界初のVR個展を実施すべくクラウドファンディングに挑戦し、目標額の3倍強(347%)を達成。また、今年3月には、オークションサービスOpenSea*i にNFT*iiアート作品『Alternate dimension 幻想絢爛』を出品し、約1,300万円(69.697ETH)で即日落札された。5月には南相馬市で、VRライブペイントとそこで描いたVR作品のチャリティーオークションも実施した。

・Twitter:https://twitter.com/sekiguchiaimi ・公式HP:https://www.creativevillage.ne.jp/lp/aimi_sekiguchi/ (情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)

【関連記事・情報】
【特集】「トリプル・ブルー」となった割安株、個人投資家の参戦余地は?(2021/02/01)
【編集長の視点】京阪神ビルは高値期日一巡を先取り業績上方修正・増配を買い直して反発(2021/03/16)
【小倉正男の経済コラム】米国はコロナ禍で起業ラッシュ、日本は?(2021/02/08)
朝日ラバーは調整一巡、22年3月期収益回復期待(2021/03/30)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事