日本エム・ディ・エムが第2四半期の業績予想を増額修正、営業利益は従来予想を12%引き上げる

2021年7月31日 10:41

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■国内・米国とも好調で第1四半期の売上高は33%増加

(決算速報)  日本エム・ディ・エム<7600>(東1)は7月30日15時、第1四半期の連結決算(2021年4~6月)と第2四半期の業績予想の増額修正を発表し、第2四半期累計期間(21年4~9月)の営業利益は従来予想を11.8%上回る9.5億円の見込みに見直し、親会社株主に帰属する四半期純利益は同49.1%上回る8.2億円の見込みとした。通期予想は据え置いた。

 第1四半期の連結決算は、国内の脊椎固定器具分野が好調に推移したこと、米国での営業活動がコロナ禍前の状態に戻りつつあり、想定以上に症例数が回復する見込みであること、などから、売上高は前年同期比33.1%増加して45.37億円となり、営業利益は同2.3倍の5.54億円となった。親会社株主に帰属する第1四半期純利益は、米国子会社に連邦政府の「給与保護プログラム」にかかわる特別利益が発生したことも加わり、同2.8倍の3.63億円となった。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)

【関連記事・情報】
【特集】「トリプル・ブルー」となった割安株、個人投資家の参戦余地は?(2021/02/01)
【編集長の視点】京阪神ビルは高値期日一巡を先取り業績上方修正・増配を買い直して反発(2021/03/16)
【小倉正男の経済コラム】米国はコロナ禍で起業ラッシュ、日本は?(2021/02/08)
朝日ラバーは調整一巡、22年3月期収益回復期待(2021/03/30)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事