NY株式:NYダウ25ドル高、ハイテク株の上昇がけん引

2021年7月23日 07:00

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:00JST NY株式:NYダウ25ドル高、ハイテク株の上昇がけん引
米国株式市場は続伸。ダウ平均は25.35ドル高の34823.35ドル、ナスダックは52.65ポイント高の14684.60で取引を終了した。週次新規失業保険申請件数が予想外に増加したほか、中古住宅販売件数も予想を下回るなど、冴えない経済指標に失望し、寄り付き後、下落。しかし、新型コロナへの行き過ぎた警戒感が後退し、回復期待が再燃したほか、連邦準備制度理事会(FRB)が長期にわたり緩和策を維持するとの根強い期待を受けた買いに下げ止まった。さらにハイテク株の上昇も手伝い、ダウは上昇に転じた。セクター別では、ソフトウェア・サービスや消費者サービスが買われた一方で、銀行やエネルギーが売られた。

宅配ピザのドミノピザ(DPZ)、靴メーカーのクロックス(CROX)や鉄道会社のユニオン・パシフィック(UNP)は、それぞれ第2四半期決算内業が予想を上回り上昇。通信のAT&T(T)は決算で利益と売上高が予想を上回ったほか、動画配信サービス「HBOマックス」の通期契約者数見通しを引き上げたことなどが好感され買われた。一方、半導体メーカーのテキサス・インスツルメント(TXN)は第2四半期決算の内容が予想を上回ったものの第3四半期の慎重な見通しが嫌気され、下落。ITのアカマイテクノロジー(AKAM)はサービスで通信障害が発生し、日米欧の企業の複数のウェブサイトが閲覧できなくなった事象が嫌気され、売られた。

投稿サイトのツィッター(TWTR)は、取引終了後に第2四半期決算を発表。内容や第3四半期の見通しが予想を上回ったため、時間外取引で上昇している。

Horiko Capital Management LLC《FA》

関連記事