ジー・スリーHDは見直し買い強く一段と出直る、第3四半期黒字化し通期業績に期待強まる

2021年7月19日 11:24

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■第2四半期まで減収・赤字だったが急激に上向く

 ジー・スリーホールディングス(ジー・スリーHD)<3647>(東2)は7月19日、続伸基調となり、取引開始から1時間になる午前10時にかけて10%高の564円(53円高)まで上げて一段と出直りを強めている。第3四半期の連結業績が各利益とも黒字化し、大きく上向いてきたことなどが注目されている。

 第3四半期の連結決算(2020年9月~21年5月、累計)は7月15日に発表し、販売用未稼働太陽光発電所の販売などにより売上高が前年同期の2.1倍となった上、各利益とも前年同期比で黒字に転換した。3カ月ごとにみると、第1四半期決算、第2四半期決算とも減収・赤字だったため、第3四半期に入り急激に業績が上向いた。通期・2021年8月期の予想は期初から黒字の見通しとしており、これに現実味が出てきた形になった。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)

【関連記事・情報】
【特集】「トリプル・ブルー」となった割安株、個人投資家の参戦余地は?(2021/02/01)
【編集長の視点】京阪神ビルは高値期日一巡を先取り業績上方修正・増配を買い直して反発(2021/03/16)
【小倉正男の経済コラム】米国はコロナ禍で起業ラッシュ、日本は?(2021/02/08)
朝日ラバーは調整一巡、22年3月期収益回復期待(2021/03/30)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事