セ硝子 75日線に抑えられるも押し目狙いのスタンス

2021年7月16日 11:56

印刷

記事提供元:フィスコ


*11:56JST <4044> セ硝子 2189 +26
ボトム圏からのリバウンドを見せているが、75日線に上値を抑えられる形状となっている。ただし、5日、25日線が支持線として意識されるほか、一目均衡表では雲下限が支持線となり、押し目狙いのスタンスになろう。週足ベースの一目均衡表では雲上限に上値を抑えられるものの、雲上限に沿ったリバウンドを続けている。《FA》

関連記事