映画の内容をまとめたファスト映画、YouTube投稿で初の逮捕者

2021年6月24日 18:02

印刷

記事提供元:スラド

一作分の映画を10程度にまとめた「ファスト映画」と呼ばれる動画をYouTubeに公開したとして3名が逮捕されたと報じられている。宮城県警察本部と塩釜警察署が23日に発表した。ファスト映画関連で逮捕されるのは今回が初めてだという(NHKナタリー)。

ファスト映画は映画本編の映像やキャプチャ画面を使用、字幕やナレーションを付けて作品内容を紹介するまとめ系動画となっている。短時間で内容を理解できることからファスト映画と呼ばれるようになったそうだ。NHKの記事によれば、この1年で2100本余りのファスト映画に相当する動画が投稿されたとしている。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | 映画 | 犯罪 | YRO | 海賊行為 | 著作権

 関連ストーリー:
数独ゲームに偽装した海賊版動画ストリーミングアプリ、App Storeで高評価を得る 2021年06月16日
海賊版のような釣りタイトルで映画の予告編を公開する海賊版対策企業、妨害と受け取る競合企業も 2021年06月06日
EU法務官、ISPは海賊版ファイル共有者の情報を著作権トロールに渡す必要はないとの見解 2020年12月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードYouTube

関連記事