ユニカビジョンの新宿ユニカビル、テナントゼロに

2021年6月21日 16:57

印刷

記事提供元:スラド

東京・JR新宿駅東口のランドマークとして知られる「ユニカビジョン」のある新宿ユニカビルから吉野家が撤退、丸ごと空きビルになったとして話題となっている(吉野家 新宿東口靖国通り店新宿ニュースBLOGあいうちさんのツイートTogetter)。

このビルには家電量販店のヤマダ電機が全9フロアを使用して入居していたが、効率化を図るためとして2020年10月に撤退した。この後は入居者は決まらず、1階にあった吉野家 新宿東口靖国通り店だけが営業を続けていたという。しかし、その吉野家に関しても6月13日に閉店の告知が行われており、結果として新宿のランドマークとなるビルが丸ごと空きビルになる事態となっている。 
駐車場と間違えて地下鉄出入口に車が誤進入。これは見間違えても仕方がないとの指摘も 2021年03月10日
コロナ関連破たんが増加。秋葉原でも閉まったままのテナントが増える 2021年02月18日

スラドのコメントを読む | ビジネス

 関連ストーリー:
米フロリダ州ブルックスビル、市が給水塔を誤って売却してしまうトラブル 2021年06月17日
エイベックス、筆頭株主がサイバーエージェントに。業績悪化で 2021年06月02日
監視カメラサービスがハッキングを受ける。企業や病院、警察、刑務所など15万台以上の映像が流出 2021年03月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード新宿吉野家ヤマダ電機

関連記事