人工衛星からマイクロ波照射、AIで解析し水道管の漏水調査 豊田市で

2021年6月19日 20:20

印刷

記事提供元:スラド

愛知県豊田市では、イスラエルのITベンチャー・Utilisの技術を用いて、衛星画像データをAIで解析するシステムを利用した水道管の漏水調査が行われたそうだ。水道水とそうでない水はマイクロ波の反射の仕方が異なるという特性を利用しているとされる。2020年9月から21年4月にかけて市内の556区域を調査した結果、154区域の259カ所で漏水を見つけたとしている。従来は約5年必要だった作業を約7か月にまで短縮できたという(ジャパン・トゥエンティワITmedia)。

人工衛星からマイクロ波を照射して対象となる地域の画像データを取得。続いて反射で得られたマイクロ波の特性と取得した画像をUtilisが独自開発したAIで分析、それにより半径100mの範囲の漏水カ所を特定。そのデータを元にして水道管の敷設データを元にして実地調査を人の手で行ったとしている。 

スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | テクノロジー | 地球 | サイエンス | 宇宙

 関連ストーリー:
三菱電機、ミサイル監視の衛星研究をたった22円で受注 2021年01月25日
冷戦時代のコロナ偵察衛星によるデータを用いた生物多様性調査 2020年05月27日
衛星コンステレーションが天体観測に及ぼす影響を調べるNASAの市民科学プロジェクト 2020年03月10日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード愛知県イスラエル

関連記事