木材輸出、2020年は357億円 過去20年で最高に

2021年6月8日 08:30

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

1日に公開された林野庁の「令和2年度 森林・林業白書」によると、2020年の木材輸出額は2年ぶりに増加し、前年比3%増の357億円となったとしている。これは過去20年で最高額であるそうだ(林野庁 森林・林業白書愛媛新聞ONLINE)。

同白書によれば、世界の産業用丸太消費量は近年増加傾向にあるという。最大の輸入国は中国となっており、世界全体の輸入量に占める割合は44%にも上る。その中国向けも2020年1~3月期に関しては、コロナ禍の影響もあり中国向け丸太輸出が急減したという。しかし同年4月以降は需要が回復しており、その後は堅調に推移したとしている。このほか、米住宅関連のスギ製材や韓国でのヒノキ人気も輸出に貢献した。

一方で国内は人口減少で市場規模が縮小傾向にあることから、世界の市場の獲得が必要不可欠であるとしている。 

スラドのコメントを読む | ビジネス | 日本 | ニュース

 関連ストーリー:
輸入木材の価格が高騰。木造物件に工期遅れなどの影響も。銅も史上最高値に迫る 2021年04月30日
現場の声を受けて日野自動車が林業専用トラック、日野デュトロ「吉野EDITION」を開発 2021年04月17日
京都大学と住友林業、木造人工衛星を2023年に打ち上げる計画 2021年01月03日
アメリカでデモ対策として音響兵器が配備。対策としてオーディオマニアが防御シールドを開発 2020年06月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連記事

広告