アマチュア無線連盟の会員数が27年ぶりに増加

2021年6月1日 18:14

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、  31日付のSankeiBizが報じたところによると、日本アマチュア無線連盟 (JARL) の会員数が、令和2年度末に前年同期比574人増になるなど、27年ぶりとなる会員増に転じているという。

アマチュア無線は、ネットや携帯電話の普及とともに年々下火となり、基地局数も38万局と、ピークとなった平成6年の136万局の1/3以下に落ち込んでいる。一方で、災害時にネットや電話回線が寸断された際の非常通信手段として活躍することもあり、総務省も今年3月に省令を改正するなど、間口を広げる対策を取っていた。今回の会員増について、JARLは「(コロナの)感染リスクがない趣味としてアマチュア無線が見直されている」と喜びの声を上げている。

…というのが記事の内容なのだが、これを聞いたTwitter民からは、5.8GHz帯を使うドローンを飛ばすのに第四級アマチュア無線技士が必要だからでは?という身も蓋もないツッコミがなされている。果たして真相は如何に?

  情報元へのリンク

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | モバイル | 通信 | 携帯通信

 関連ストーリー:
51年続いた「よみうりアワード」が年内受付分で終了。アマチュア無線家に贈られる高難易度賞 2020年09月08日
日本アマチュア無線連盟(JARL)に対し、裁判所が会計帳簿の開示命令を出す 2020年06月16日
映画「ターミネーター」で描かれた未来のシーンではCOBOLコードが登場している 2020年04月16日
サイエンテックス、CB無線機の新モデル「JCBT-17A」を発表 2017年05月24日
「灯台放送」、30日正午で終了へ 2016年10月05日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード総務省

関連記事