ホンダ、「HondaJet Elite S」をアップデートして発表

2021年5月30日 17:51

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

今回の改良で、Elite Sの外観デザインは、新たにガンメタル、ラックスゴールド、ディープシーブルーの3色のカラーデザインが加わった

今回の改良で、Elite Sの外観デザインは、新たにガンメタル、ラックスゴールド、ディープシーブルーの3色のカラーデザインが加わった[写真拡大]

 ホンダの航空機事業を担う子会社「ホンダ・エアクラフトカンパニー」(Honda Aircraft Company/HACI)は、5月26日にHACIとして初のオンライン発表会“Innovation Continues: Elite S”を開催。小型ビジネスジェット機「HondaJet」の最新型としてアップグレードした「HondaJet Elite S(エリート S)」を発表した。

 最新型となるHondaJet Elite Sは、高度な解析と各種試験を重ね、改良を受け、運用性能をさらに拡充し、操縦性をさらに向上させている。機体の最大離陸重量が200ポンド(約91kg)増加し、より多くの積載物(ペイロード、または実際に搭載する旅客や貨物の重量)を搭載、あるいは燃料搭載量を増やし航続距離を最大120ノーティカルマイル(約222km)延長した。

 さらに、アビオニクスシステムのアップグレードとして、無線通信をテキストメッセージで行うFAA Data CommとACARS、およびパイロットの地上操縦時の負荷を軽減するASASシステムを導入した。これにより、パイロットの負荷を軽減するほか、機体運用の安全性を向上させている。

 Elite Sの外観デザインは、新たにガンメタル、ラックスゴールド、ディープシーブルーの3色のカラーデザインが加わり、Elite Sのロゴは、赤の“S”字が追加され特徴的なスタイルとなっている。また、エクステリアカラーの選択に応じて色をカスタマイズすることもできる。さらなる進化を遂げたHondaJet Elite Sは、これまで以上の価値を提供可能となった。

 HACIの今回の発表は”Innovation Continues“をコンセプトに、より高性能で安全性の高い製品を届けるため、常に最先端技術の開発とさらなるイノベーションに挑み続ける姿勢を強調する施策の一環。新型HondaJet Elite Sはその姿勢をアピールしたものである。また、HondaJet Elite Sを発表するとともに、今回の“Innovation Continues”のコンセプトを象徴した、ビジネスジェットの常識を覆すスペシャルコンセプトデザインのElite S初号機を公開した。

 HACIは、2018年の初代HondaJet Elite販売開始以来、同クラスの小型ビジネスジェット機を上回る性能と効率性を世界各国のユーザーに提供。今回、HondaJet Elite Sへのアップグレードにより、さらなる価値がユーザーに届けられ、新しいElite Sがもたらす革新、設計、および最先端のエンジニアリングにより、今後もビジネス航空機業界において、新たなスタンダードを確立して行くとしている。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
ホンダジェット、小型ビジネスジェット・カテゴリーで、4年連続世界首位獲得
ホンダ、2018年上半期「HondaJet」デリバリー数で世界トップを達成
ホンダジェット、遂に国内で販売開始。機体は最新型の「HondaJet Elite」

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード本田技研工業

関連記事