Google、Fuchsia OSを初代Nest Hubにロールアウト

2021年5月28日 09:07

印刷

記事提供元:スラド

headless 曰く、 Googleが9to5Googleに対し、初代Nest HubにFuchsia OSのロールアウトを開始したと伝えたそうだ(9to5Googleの記事The Vergeの記事Android Policeの記事Neowinの記事)。

Googleが非LinuxベースのFuchsia OSを開発していることは2016年に明らかになり、Androidを置き換える可能性など、たびたび話題になっている。これまで実際のデバイスに一般提供されることはなかったが、5月初めBluetooth SIGのリストでソフトウェアバージョン「Fuchsia OS 1.0」のGoogle Home Hub(初代Nest Hub発売当初の名称)が見つかっていた。

新UIも話題になったFuchsia OSだが、ユーザーがOSの変更に気付かない可能性もあるという。Nest HubのUIは複数のプラットフォームにアプリを一貫して提供可能にするフレームワーク「Flutter」を用いて構築されており、OSがLinuxベースの「Cast OS」からFuchsia OSに変わるだけで外見も機能も変わらないためとのことだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Google | OS | デベロッパー

 関連ストーリー:
Googleの新OS「Fuchsia」の公式Webサイトが公開される。なぜか配色は緑。 2019年07月02日
Googleが開発中の「Fuchsia」は5年後にはAndroidを置き換える? Googleは否定 2018年07月25日
Google、Pixelbookにマルチブートオプションの追加を計画? 2018年04月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleAndroidBluetoothLinuxFuchsiaGoogle Home

関連記事