日経平均テクニカル:大幅反発、終値5日線上に復帰

2021年5月18日 18:15

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:15JST 日経平均テクニカル:大幅反発、終値5日線上に復帰
18日の日経平均は大幅反発した。ローソク足は大陽線を引き、下ヒゲのない「陽の寄り付き坊主」を示現。5月13日を起点に3日連続でザラ場高値が前日水準を上回ったほか、終値は5日線上に復帰して株価の底打ち傾向を窺わせた。ただ、一目均衡表では基準線の下向きが継続しており、下落圧力も依然として強そうだ。ボリンジャーバンド(25日ベース)の+1σ相当の値幅が拡大傾向にあって当面は日々の値動きは荒くなりやすいとみられ、5月10日高値から13日安値までの下落幅の半値戻し28535.22円をクリアするまでは不安定な相場が続くリスクに留意したい。《FA》

関連記事

広告