サンクトガーレンの限定ビール「父の日IPA」フルーツのようなアロマ&ドライな爽快感

2021年5月15日 17:05

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 サンクトガーレンは、“父の日”に向けた限定ビール「父の日IPA」を2021年5月13日(木)に発売する。  

 ビールの苦味と香りのもとであるホップを大量に使った「IPA」は、強い苦味と香りが魅力のビール。「父の日IPA」には、サンクトガーレンの定番IPAビール「ヨコハマエックスピーエー(YOKOHAMA XPA)」よりも多くのホップを使用。ホップの投入タイミングを、通常よりも遅い“麦汁煮沸後”に集中させることで、軽やかなホップの苦みとフルーツを思わせるホップアロマを凝縮させた仕上がりとなっている。

 また、糖度をほぼゼロにまで下げ、ドライな飲み口に仕上げているのも「父の日IPA」の特徴。クリーミーな飲み口で飲みやすく、パイナップルやマンゴーのような香りと軽快な苦味、爽快な後味を楽しめる、夏にぴったりのIPAだ。

【詳細】 
サンクトガーレン「父の日IPA」
発売日:2021年5月13日(木)~6月末頃
販売場所:東急百貨店 吉祥寺店・たまプラーザ店、横浜高島屋、そごう横浜店・大宮店・広島店ほか、オンラインショップ
店頭希望小売価格:1本 506円(税込)/オンラインショップ 2本セット  1,958円~(税込・送料込)
内容量/1本:330ml
アルコール度数:7%
※2021年の「父の日」は6月20日(日)

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードサンクトガーレン東急百貨店横浜高島屋

関連記事