メルセデス・ベンツ、「GLC」「GLCクーペ」に特別仕様車

2021年5月13日 16:51

小

中

大

印刷

GLC 220 d 4MATIC Sports Line Edition(画像: メルセデス・ベンツ日本発表資料より)

GLC 220 d 4MATIC Sports Line Edition(画像: メルセデス・ベンツ日本発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 メルセデス・ベンツ日本は、プレミアムミドルサイズSUV「GLC」「GLCクーペ」に、特別仕様車「220 d 4MATIC Sports Line Edition」を追加し、12日から予約注文を開始した。配車時期は5月下旬ごろの見通し。

【こちらも】メルセデス・ベンツ、日本の都市交通インフラにマッチしたコンパクトEV「EQA」発売

 GLCクラスは、前身のGLKクラスの後を継ぐ高級SUVとして、2016年2月9日に日本デビュー。デビューとともに派生モデルとしてクーペスタイルも登場。SUVらしい重厚なビジュアルを保ちながら、屋根の後部の曲線を垂れ下がらせたスポーティなスタイルだ。クラス全体としてGLCは、クーペだけでなくディーゼルターボ、プラグインハイブリッドなどさまざまな要素を組み合わせ、バリエーションを広げている。

 今回の特別仕様車はGLC 220d 4MATICを基調としながら、スポーティなビジュアルをアピールしている。エクステリアはフロントやリアにAMGスタイルを採用し、走りに特化した仕上がりに。タイヤにも19インチAMG5ツインスポーツアルミホイールを取り入れた。インテリアはARTICO素材のブラックシート、12.3インチコックピットディスプレイなどを装備。大人の雰囲気を醸しながら、運転中の使い勝手も重視している。

 車内環境も充実。パフュームアトマイザーで空気を浄化しながら、リラックスを促す香りを楽しめる。加えて強化フィルターや高密度花粉フィルターで環境を整えるエアバランスパッケージも標準装備。心地よいドライブをサポートする仕掛けが整っている。

 GLC 220 d 4MATIC Sports Line Editionは、通常とクーペモデルともに、新車購入から3年間にわたる「メルセデス・ケア」を適用。修理や定期メンテナンス、ツーリングサポートなどを無償で受けられる。メルセデス・ケアが終わってからもさらに2年間は、有償サービスプログラム「メンテナンス&保証プラス」で一定のサポートが可能だ。

 価格は、「GLC 220 d 4MATIC Sports Line Edition」が741万円、「GLC 220 d 4MATIC クーペ Sports Line Edition」が769万円(いずれも消費税込)。

関連キーワード特別仕様車SUVメルセデス・ベンツ

関連記事

広告