中国でガラス床の吊り橋が強風で壊れる 観光客が取り残される

2021年5月12日 17:52

印刷

記事提供元:スラド

中国では以前からガラス製の吊り橋が作られているが、その吊り橋の一つが強風によって床面が割れ、移動中の観光客が橋上に取り残されたことが報じられている(Daily Mail OnlineThe Straits Timesユルクヤル、外国人から見た世界)。

この橋は中国東北部の吉林省龍井市郊外の景勝地・琵岩山(びがんさん)につけられたもので、5月7日午後12時45分ごろ、地上から100mの場所にある橋のデッキガラスが最大150kmhの強風に煽られて割れてしまったという。

事故当時、橋の上には男性が一人いた。Daily Mail Onlineなどの記事に、Weiboにアップされている取り残されていたときの画像などが上がっている。この男性は消防士、警察、林業および観光関係者が協力することで救出に成功したとしている。上げられた画像を見ると、床だけでなく、手すり部分なども崩壊しかけていた模様。中国の山間部では観光名所としてこうした「ガラスの吊り橋」を建設されることが多く、2016年時点で少なくとも60か所ほどあることが分かっているそうだ。 

スラドのコメントを読む | 変なモノ | 中国

 関連ストーリー:
中国・広東「虎門大橋」 フラッターで崩壊危機 米ワシントン州タコマナローズ橋の二の舞か? 2020年05月13日
中国の「ガラスの橋」、通行人が落としたステンレスカップでヒビが入る 2015年10月09日
中国で進行中の多数の巨大建築プロジェクト 2015年01月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国

関連記事