米ベライゾン、米ヤフーやAOLを含むメディア部門を売却

2021年5月7日 08:54

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

米Verizonは5月3日、米YahooやAOLなどを含むメディア事業部門VerizonMediaを投資会社Apollo Global Managementに売却すると発表した(Verizonリリース共同通信)。

売却額は50億ドル(約5450億円)。VerizonはVerizonMediaの株式の10%を継続して所有する。Verizon MediaのCEOであるGuruGowrappan氏は続投するという。売却は2021年後半に終了予定となっている。Verizonは2015年にAOL、2017年にYahooの中核事業を買収していたが、ほかのネットメディアの台頭により、経営環境は厳しくなっていた。なお日本のヤフー株式会社はVerizonとは資本関係がなく影響は受けない見込みであるという。

 スラドのコメントを読む | ニュース | アメリカオンライン | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
AOLに訴えられたスパムメール王、2017年にカナダで亡くなっていた 2020年11月13日
ファーウェイは追い詰められても特許裁判を利用して反撃する 2020年07月20日
ファーウェイ、米ベライゾンに対し1080億円超の特許ライセンス料を要求 2019年06月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

財経アクセスランキング