東京為替:ドル・円は底堅い、上海総合指数はプラスに

2021年5月6日 15:24

印刷

記事提供元:フィスコ


*15:24JST 東京為替:ドル・円は底堅い、上海総合指数はプラスに

6日午後の東京市場でドル・円はやや失速したものの、109円30銭台と底堅い値動きが続く。日経平均株価は500円超高の29000円台で取引を終え、日本株高を好感した円売りに振れやすい。一方、上海総合指数がプラスに転じたことも、円売りの支援材料に。


ここまでの取引レンジは、ドル・円が109円17銭から109円42銭、ユーロ・円は131円07銭から131円33銭、ユーロ・ドルは1.1993ドルから1.2010ドル。《TY》

関連記事