NY金:伸び悩みで1778.80ドル、米長期金利の上昇を意識した売りが入る

2021年4月28日 07:31

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:31JST NY金:伸び悩みで1778.80ドル、米長期金利の上昇を意識した売りが入る
NY金先物6月限は伸び悩み(COMEX金6月限終値:1778.80 ↓1.30)。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は、前営業日比-1.30ドルの1オンス=1778.80ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めた取引レンジは、1773.90ドル−1785.90ドル。アジア市場で1773.90ドルまで下げたが、押し目買いが入ったことで金先物は反転。ニューヨーク市場の序盤にかけて1785.90ドルまで買われた。ただ、米長期金利の上昇を意識した売りが観測されており、時間外取引で1775.00ドルまで下げる場面があった。《FA》

関連記事