アウディ、新型「A3」「S3」をオンラインで発表

2021年4月23日 16:52

印刷

新型アウディA3シリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)

新型アウディA3シリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)[写真拡大]

 アウディ・ジャパンは21日、新型の「A3」「S3」をオンライン報道発表会で公開した。同社のフィリップ・ノアック社長が2つの車両の魅力を解説したほか、モデルのマギーさんがスペシャルゲストとして登場している。

【こちらも】アウディ、EV第3弾「Q4 e-tron」シリーズを世界初公開

 A3シリーズは、アウディのCセグメントシリーズで、1996年にデビュー。現在はA3のスポーツバックとセダン、S3の3モデルが展開されており、そのすべてがフルモデルチェンジされた。

 今回のフルモデルチェンジで、A3シリーズは4世代目を迎える。エクステリアデザインは最新のデザイン言語をベースとしており、LEDヘッドライトの鋭い目つきがアクセント。セダンでは空力改善につながる新形状のミラーやブレーキの冷却機能を採用。空気抵抗の減少により、安定性がアップしている。

 インテリアでも大幅な改善が見られる。新形状のシフトスイッチはリリースボタンを取り除き、前後に動かすだけの単純操作が可能に。10.1インチのタッチスクリーン式「MIB3」MMIナビゲーションシステムや、オプション設定できるアウディバーチャルコックピットなど、デジタル機器も本格的だ。S lineの標準シートのクロス部分やフロアカーペットなどには、ペットボトルをリサイクルした素材を取り入れ、環境への貢献度もアピールしている。

 パワーユニットは30 TFSIが最高出力110PS、最大トルク200Nm。マイルドハイブリッドによる低燃費化に加え、モーターのアシストを受けた加速感もポイントだ。40 TFSIモデルは最高出力190PS。両ユニットともに7速Sトロニックトランスミッションを採用。ポテンシャルの高い変速機能が特徴である。

 メーカー希望小売価格は、A3スポーツバックが453万円、A3セダンが472万円、S3スポーツバックが711万円(すべて消費税込)。すでに受注は開始されているが、正式な発売日は5月18日。40 TFSIモデルは2021年秋に発売予定である。A3およびS3のオンライン発表会は、アウディ・ジャパンの公式YouTubeで視聴可能だ。

関連キーワード

関連記事