沖縄で新種のムカデ発見、水中でも暮らせる種は国内初

2021年4月23日 08:31

印刷

記事提供元:スラド

沖縄で水中の中でも暮らすことのできる新種のムカデが発見されたそうだ。体長約20cm、体幅約2cmほどと大型。水中で暮らせるムカデの発見は国内では初めて、世界で3例目であるという。また国内でのオオムカデ新種は143年ぶりに見つかったとのこと。青緑色をしており、川に飛び込む習性から学名を「Scolopendra alcyona」、和名をムカデにまつわる沖縄の故事から「リュウジンオオムカデ(琉神大百足)」と命名したとしている。日本・台湾に生息するムカデ類では最大種で遺伝子解析の上でも新種であることが判明したとしている(NHK琉球大学)。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | バイオテック | バグ | サイエンス

 関連ストーリー:
20年以上もDNA断片しか知られていなかった生物、海洋に広く分布していた 2021年03月31日
法政大学教授、Twitter投稿写真から新種の海岸性ダニ類を発見。世界初 2021年03月29日
駿河湾深海で発見された新種の巨大深海魚、「ヨコヅナイワシ」と名付けられる 2021年01月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード沖縄県遺伝子琉球大学

関連記事