Google、音声コーデックLyraをオープンソース化

2021年4月9日 17:44

印刷

記事提供元:スラド

Googleが2月25日に発表した音声コーデック「Lyra」がオープンソース化された。Google Open Source Blog上で4月6日に発表された。Googleブログによると、開発者からできるだけ早くフィードバックを得たいことから、オープンソース化したとしている。ライセンス形式はApacheであるという(Google Open Source BlogGitHubGIGAZINE)。

Lyraは音声通話やビデオ通話向けに開発されたもので、高性能コーデックとして知られているOpusの下限値である6kbpsよりも低い3kbpsという超低ビットレートでも再生可能とされる。通信時の帯域幅を減らす効果が期待できるとしている(ASCIIGIGAZINEその2)。 

スラドのコメントを読む | オープンソースセクション | オープンソース | 音楽

 関連ストーリー:
Google、Android Q Beta 1を公開 2019年03月16日
Appleが新OSで初めてサポートするHEIF、FLAC、Opusなど 2017年06月11日
着実に普及への道を進む WebM 2010年11月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleGitHubオープンソース

関連記事