KDDI、香港サーバーに保存していた国内契約者情報を国内に移転へ

2021年4月8日 08:28

印刷

記事提供元:スラド

KDDIが日本国内の携帯契約者のユーザー情報を香港にあるサーバーで管理していたことが分かったそうだ。日経新聞やNHKの報道によれば、保管していたのは海外ローミングサービスを利用しているユーザーデータのうち、携帯番号と通信利用量のデータ。氏名など個人を特定できる情報は含まれていないとしているが、LINE問題を受けてKDDIはデータの国内への移管を検討するとしている(日経新聞NHK)。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | モバイル | セキュリティ | 携帯通信

 関連ストーリー:
LINE Payの出入金や購入先含む決済情報は韓国サーバーに保管。サーバー管理はNAVERが担当 2021年03月24日
LINE個人情報問題が国や自治体へ影響。総務省も採用活動などへの使用中止へ 2021年03月19日
LINE、個人情報の取り扱い状況を発表。トーク投稿の画像と動画は韓国サーバーで保管 2021年03月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード香港KDDILINE

関連記事