ユキ トリヰ 2021-22年秋冬コレクション - いつの時代も、気品溢れる着こなしを

2021年4月6日 19:22

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ユキ トリヰ(YUKI TORII) 2021-22年秋冬コレクションが発表された。テーマは、「NEW FEMININITY」。

■過去のアーカイブに囲まれた、最新コレクション

 70年代から続く、歴史深いブランドのアーカイブを纏った沢山のマネキン。今季はそんな‟彼女”たちを、ランウィエイの観客のように着座させたユニークな舞台セットの中で、最新コレクションが発表された。現れたのは、モデルを取り囲む過去のピース同様に、タイムレスな美しさを放つワードローブ。時にカジュアルに、時にスポーティーなテイストをミックスさせながら、日常に寄添うエレガントなコレクションがリリースされる。

■デニム風のジャケットスタイル

 ファーストルックは、クラシカルなジャケットスタイルを、カジュアルの代名詞‟デニム”風に仕上げたセットアップから。往年の女優のように、ぐるりと顔回りに巻いたスカーフや、レザー製ハンドル付きのトートバッグも、デニムのような見た目に仕上げたことで、レトロになりすぎない日常のスタイルを提案する。

■スポーティーなロゴをポイントに

 またそんなデニム風素材に合わせたスポーティーなロゴは、今季の象徴的なプリントのひとつで、あらゆるピースに登場。ボウタイ付きのブラウス、ショート丈の中綿入りジャケット、ロングスカートといったウェアから、バッグを含むアクセサリーまでを、リズミカルに彩っている。

■多彩なチェック柄

 秋冬らしいアーガイルチェック柄のセーターに並んで、今季は実に様々なチェック柄のスカートがコレクションに溢れているのも印象的だ。

 目を惹くのは、角度によって異なる表情をみせるドッキング柄。大ぶりのチェック柄のプリーツスカートには、パイソンプリントを大胆にミックス。また前後で異なるチェック柄を配したペンシルスカートは、サイドの真っ赤なチェック柄ラインをアクセントに、模様の切り替えを行った。いずれもフレッシュなアプローチながら、端正なシルエットで上品なムードはキープ。また足元にはきまって、クラシカルなブーツをセレクトしている。

■フェミニンな花模様

 コレクションに更なる華を加えるのが、ブランドらしい可憐なフラワーモチーフだ。小花が咲き誇るフラワープリントのロングドレスは、ジャージジャケットを羽織ってカジュアルダウン。

 寒空に映える鮮やかなツイードジャケットには、色とりどりの花刺繍を施した、とびきりフェミニンななブラウスをインサート。ジャケットをさらりと脱いだ後でも、気分高まるロマンティックなピースとなっている。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • ©2020 HOKUSAI MOVIE
  • アルファード 特別仕様車 S“TYPE GOLD II”(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 光イオンを発生させ車内の空気清浄するAirReborn(画像:ガイダンスインターナショナル発表資料より)
  • 新型VEZEL(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 新型アウディA3シリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 世界初公開となったアウディ・Q4 e-tronシリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース