「豊田市博物館(仮称)」が豊田東高等学校跡地に2024年秋オープン、既存美術館と併設で

2021年4月6日 08:28

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 愛知県豊田市に「豊田市博物館(仮称)」が誕生。2024年秋の開業を予定している。

 「豊田市博物館(仮称)」は、歴史・文化、自然を一体的に取り上げる総合的な博物館として、豊田東高等学校跡地および既存の豊田市美術館との併設で建設される。目指すのは、すべての人に開かれた“みんなでつくりつづける博物館”、多様な価値や魅力を守り、伝え、育む“豊田市ならではの総合博物”、そして回遊性や持続性に配慮した“21世紀の建築としての博物館”だ。

 建築は、大分県立美術館や静岡県富士山世界遺産センターなども手掛けた坂茂(ばんしげる)が手掛ける。アメリカのランドスケープ・アーキテクト、ピーター・ウォーカーが手掛けた庭園は、博物館にまで繋がるという。

 なお、その他展示品などの詳細は今後発表されていく予定だ。

【詳細】
豊田市博物館(仮称)
開業時期:2024年秋 予定
場所:豊田東高等学校跡地

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード愛知県

関連記事