覚えておきたい英語の誉め言葉 シチュエーション別に一挙紹介

2021年4月2日 16:22

印刷

 コミュニケーションにおいて相手を褒めることは重要だ。英会話においても、状況に応じて相手を褒めるフレーズはいくつかストックしておき、上手く使い分けたいものである。今回は相手を褒める英語のフレーズを紹介していく。

【こちらも】英語中級者必見! 誤解される馴染みのフレーズ4選

■仕事・成功を褒める

 仕事を褒めるのには以下のフレーズがよく使われる。

・Awesome
・Incredible
・Good for you.
・Great going
・I knew you could do it
・Way to go
・Well done
・You did it

 どれも「素晴らしい・よくできた」等のニュアンスを持っている。

 また結果・成果・作品等に対して褒める場合は以下のフレーズもよく使われる。

・Great work
・This is (perfect, super, the best, brilliant, fantastic etc)
・Good job
・You did great job!
・Good thinking!

 他にも「You nailed it!」のようなオシャレな表現もある。これは元々「くぎを打つ」という意味だが何かを完璧にこなした場合にも使う。「I nailed it!」と自分で「完璧だ・素晴らしい」とも使えるので覚えておこう。

■パーソナリティを褒める

 相手のパーソナリティ(人格)を褒めることはとても重要である。褒められた方は嬉しいものだ。

・I admire you. (感心します)
・There’s nobody like you.(あなたのような素晴らしい人は他にいない)
・You’re (amazing, incredible, wonderful, charming, etc…).(素晴らしい)
・You’re a great person.(素敵な方ですね)

 「amazing, incredible」などは仕事を褒めるときも人格を褒めるときもどちらも使えるので便利だ。

■相手を鼓舞する

 頑張っている相手を応援するフレーズだ。

・I appreciate your effort. (頑張りに感謝します)
・Keep up the great work.(その調子で頑張って)
・You’re doing great.(よくやってくれている)
・You tried (hard, your best). (とても頑張ってくれました)

 状況に応じて「Thank you」「So glad」「I’m happy」などと組み合わせて使うのも良いだろう。

■カジュアルフレーズ

 上記以外にもカジュアルなフレーズをいくつか紹介しよう。

・You’re the man! (あなた最高だわ!)
・You rock! (お前最高じゃん!)
・That’s dope! (まじヤバイ)

 「dope」は日本語では「(良い意味で)ヤバイ」というようなニュアンスがある。どれもかなりカジュアルなので友達やかなり親しい間柄、カジュアルなシーンでのみ使うようにしよう。

■褒められたら?

 日本語では良く「そんなことありません・とんでもない」など謙遜するが英語ではシンプルに「Thank you, I’m so glad, etc…」など「ありがとう」で良い。今回紹介したフレーズをインプットしたら是非アウトプットしてほしい。(記事:newpowersoul・記事一覧を見る

関連キーワード英会話

関連記事