「ロイヤル・アッシャー」ダイヤモンドカッターの軌跡展が銀座三越で

2021年3月29日 19:05

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ロイヤル・アッシャー(ROYAL ASSCHER)は、2021年4月7日(水)から20日(火)まで、銀座三越 新館2階ジュエリー/クローズアップにて、ダイヤモンドカッターの軌跡展を開催する。

 1854年、オランダ・アムステルダムで創業したダイヤモンドジュエラーのロイヤル・アッシャー。本展では、数々のダイヤモンドの歴史に残る偉業を成し遂げてきた同ブランドのダイヤモンドカッターの軌跡を紹介する。特に今回は、ブランドのレジェンドでもある、1908年に発掘された、世界最大のダイヤモンド原石「カリナン(3,106ct)」カットの成功に纏わる展示を行う。

■世界最大のダイヤモンド原石「カリナン(3,106ct)」とは

 「カリナン」は、1905年、南アフリカのプレミア鉱山で発見された、世界最大のダイヤモンド原石。あまりの大きさに、最初は水晶と間違えられたというこの原石は、1908年、3代目ジョセフ・アッシャーの手によって3つにカットされた。

一番大きな原石は「カリナンⅠ世(530.20ct)」とされ、英国王室の王笏に、2番目に大きな「カリナンⅡ世(317.40ct)」は大英帝国王冠に飾られている。そして「カリナン」は、最終的に9個の大きなダイヤモンドと、複数の小さなダイヤモンドに姿を変えた。

■英国王エドワードⅦ世より寄贈された銀杯

 「カリナン」カットに成功した偉業を称えるため、ファッションに精通したプリンスとして知られる、英国王エドワードⅦ世が制作した銀杯が、今回の展示の目玉となる。この銀杯には、感謝の意とともに、大役を果たしたアッシャー社4名の名が手彫りされた。シャンパンクーラーとしても機能し、シャンパンフルートを放射線状にセットできる。

■「美しく輝くダイヤモンド」を生み出すためのツールも展示

 当時、コンピューターやレーザーカット技術もなく、カットや研磨は、熟練した職人が蓄積した経験と知見をもとに、極めて原始的な技法により手作業で行っていた。その職人たちが研磨やカットの際に用いた道具の数々も展示される。

 展示品は、「カリナン」を調査するために使用した100倍の拡大ルーペ、「カリナン」カットで使用された金属製スティック及びダイヤモンドを固定する土台、最初にカットを試みた際、あまりの硬さに折れてしまった金属製の刃など貴重なものばかりだ。160年以上に亘り、「美しく輝くダイヤモンド」を生み出すために心血を注いできた、その真髄を感じることができる。

【詳細】
ロイヤル・アッシャー「ダイヤモンドカッターの軌跡」展
期間:2021年4月7日(水)~20日(火)
会場:銀座三越新館1階アクセサリー/ロイヤル・アッシャー
住所:東京都中央区銀座4-6-16
TEL:03-3562-1111(大代表)
営業時間:10:00~20:00
※営業時間は変更になる場合あり。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード銀座三越

関連記事

広告