Linux 5.12 rc2、重大なバグ修正のため予定より早くリリース

2021年3月7日 17:28

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Linus Torvalds氏は6日、Linux 5.12 rc2を予定よりも数日早くリリースした(メーリングリストでのアナウンスPhoronixの記事)。

rc2のリリースが前倒しされたのは、rc1でスワップファイルに重大なバグが確認されたためだ。このバグはスワップファイル先頭のオフセット情報が失われるというもので、スワップファイルを格納したパーティション内のファイルがランダムなスワップデータで上書きされる結果となる。問題はスワップ「ファイル」を使用している場合にのみ発生し、スワップ「パーティション」を使用している場合には発生しない。そのため多くの環境では影響を受けないが、Torvalds氏はrc1のタグを「v5.12-rc1」から「v5.12-rc1-dontuse」に変更して使用中止を呼び掛けていた。 

スラドのコメントを読む | Linuxセクション | Linux | バグ | アナウンス | ストレージ

 関連ストーリー:
Linus Torvalds、6日間の電源喪失を切り抜ける 2021年03月03日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードLinuxLinus Torvalds

関連記事

広告