映画『21ブリッジ』チャドウィック・ボーズマン最後の主演作

2021年3月6日 19:14

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 チャドウィック・ボーズマン最後の映画主演作『21ブリッジ』が、2021年4⽉9⽇(⾦)より全国公開される。

■マンハッタン島を封鎖!夜のNY舞台のクライム・アクション

 殺人強盗犯を追跡するために、ニューヨーク・マンハッタン島にかかる21の橋を全て封鎖する――『21ブリッジ』は、このシンプルにして大胆なアイデアをもとに、夜のニューヨークを巻き込んだ壮絶なクライム・アクション作品だ。

■主演は、『ブラックパンサー』チャドウィック・ボーズマン

 物語の主人公であり、NY市警の殺⼈課に所属するアンドレ・デイビス刑事を演じるのは、MCUの主演作『ブラックパンサー』で新しいヒーローを演じるも、2020年に43歳の若さで死去したチャドウィック・ボーズマン。生前、脚本に惚れ込んだという彼が、主演のみならずプロデュースという形でも本作に参加した、最後の主演劇場作品となっている。

■豪華キャストが勢ぞろい

 また共演者には、『アメリカン・スナイパー』のシエナ・ミラーや、『バトルシップ』のテイラー・キッチュ、『セッション』でアカデミー賞助演男優賞に輝いたJ・K・シモンズら豪華メンバーが脇を固める。

■制作に、MCU映画監督のルッソ兄弟も参加

 なお監督は「ゲーム・オブ・スローンズ」シリーズを手掛けたブライアン・カークが担当。製作には『アベンジャーズ/エンドゲーム』『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で監督を務めた、ルッソ兄弟が参加する。

【詳細】
映画『21ブリッジ』
公開日:2021年4⽉9⽇(⾦)
監督:ブライアン・カーク
製作:ジョー・ルッソ&アンソニー・ルッソ
出演:チャドウィック・ボーズマン、シエナ・ミラー、テイラー・キッチュ、J・K・シモンズほか

■あらすじ

 NY市警の殺⼈課に所属するアンドレ・デイビス刑事(チャドウィック・ボーズマン)は、同じ警官だった亡き⽗親への想いを胸に、忙しい⽇々を過ごしていた。そんな折、真夜中に⼤量のコカインを奪って逃げた犯⼈2⼈組が、警察官8⼈を殺害する凶悪な事件が発⽣。マッケナ署⻑(J・K・シモンズ)の指令により、アンドレは⿇薬取締班のフランキー刑事(シエナ・ミラー)と組んで捜査を開始。そしてNYマンハッタン島に架かる21の橋を全て封鎖し、追い詰める作戦に出た。夜明けまでには犯⼈の居場所を突き⽌め、逮捕しなければならない。だがアンドレは追跡を進めるうち、表向きの事件とはまったく別の陰謀があることを悟る。果たしてその真実とは――!?

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードブラックパンサーアベンジャーズ/エンドゲーム

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 世界初公開となったアウディ・Q4 e-tronシリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • 木星
  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース