【株式市場】NYダウ346ドル安などで日経平均は一時621円安まで急落し前引けも一進一退

2021年3月5日 12:11

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

◆日経平均は2万8359円11銭(571円0銭安)、TOPIXは1864.19ポイント(20.55ポイント安)、出来高概算(東証1部)は6億4788万株

 3月5日(金)前場の東京株式市場は、NYダウ346ドル安などが影響し、日経平均は204円安で開始。その後、米24時間取引のNASDAQ100指数が一段安とされ、11時過ぎに621円54銭安(2万8308円57銭)まで急落した。中で、自社株買いの積水ハウス<1928>(東1)やディフェンシブ株の花王<4452>(東1)、資生堂<4911>(東1)などは高い。日経平均はその後、多少持ち直した。

 電波時計を手掛けるカシオ<6952>(東1)、シチズン<7762>(東1)が高く、エスティック<6161>(東2)は業績・配当予想の引き上げが好感されて上げ、電響社<8144>(東2)は特別配当が好感されて高い。COLY<4175>(東マ)は上場6日目で昨日の7000円割れ安値更新は売られ過ぎとされて急反発。トシン・グループ<2761>(JQS)は商業施設などでのテレワーク設備新増設が活発とされ薄商いだが高い。日本銀行<8301>(JQS、出資証券)は黒田総裁の国会発言を受け一転ストップ安。

 東証1部の出来高概算は6億4788万株、売買代金は1兆3905億円。1部上場2194銘柄のうち、値上がり銘柄数は399銘柄、値下がり銘柄数は1744銘柄。

 また、東証33業種別指数5業種が値上がりし、鉱業、電力/ガス、鉄鋼、食料品、石油/石炭、が高い。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
エフティグループは調整一巡、20年3月期営業増益予想で3Q累計順調(2020/02/18)
【特集】約1カ月ぶりに再開されるIPOの類似関連銘柄に注目(2020/01/27)
【特集】意外な業績好調銘柄とコロナウイルス関連に上乗せの花粉症関連銘柄をマーク(2020/01/27)
【CSR(企業の社会的責任)関連銘柄特集】イワキのCSRは「小さな社会貢献活動」として地道に継続(2020/02/04)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告